トラブル事例集


 不動産を巡っても様々なトラブルがあります。
 内容を検討せずに契約したためのトラブル。価格が明確でない工事によるトラブル。など・・・
 このページでは最近の事例を順次紹介していきます。
 各事例は左に業者が最初に行うアピールポイントを、右側にその結末を記載しています。

全般的な特徴

対処の方法

販売・仲介業者

 不動産業を行う場合、宅地建物取引業法(以下、業法)により以下のような規制が行われています。

住宅メーカー・工務店

   住宅メーカー・工務店は建設業者であり、宅建業者ではないことに注意。(兼業の場合もある)

測量

 免許を持った、土地家屋調査士が実施します。規定の報酬を超える請求は違法です。

★事例1: [99.4]
 「隣地の測量を行うのでご連絡ください」と書かれたはがきが届く ・連絡を行うと、「ついでにお宅もやりましょう。安くしますよ」と言われ、相場の5倍〜10倍という見積・請求がある
・測量の事実もなく、ダイレクトメールをばらまいて問い合わせの電話を待っているケースが多い
・同じ業者が名前を変えて行っている

屋根・外構工事

★見本工事 [99.4]
 外壁・屋根・カーポート・垣根などの見本工事を安値で行う ・工事の後、法外な料金を請求
・契約から請求まで9日以上の日を置くためクーリングオフが使えないと言われる(実際は契約そのものが不法であれば取り消すことができる)
★無料点検 [99.4]
 屋根裏・床下など目に見えない場所の点検 ・虚偽の報告を行い不安を煽る
・床下換気扇を売ることを目的に無料点検を行い、無断で取り付けてしまう
・無料点検と称して、点検以外の行為を行い、作業料を請求する。支払をするまで居座る
★見積もり [99.4]
 「見積もりをするだけだ」と言って、複写式の見積書にサインや印鑑を要求する ・見積書が複写になっており、契約書がその中につづられている(もちろん違法な契約)
★外壁塗替工事 [03.3]
 複数の工事を近所で取り付け、着工金を集めると完工しないで逃げる ・見本工事の手法などで1つ目の契約を取り付けると、その家の工事をすることをアピールして近所の家々を訪問して契約を複数取り付ける
・工事の足場には、正規の金属製の足場ではなく、木製の足場を組む
・一般の工事同様に、着工資金として事前にお金を集め、集金したところで逃げ去ってしまう

水道工事

★ステッカー広告 [99.4]
 「水道工事の24時間対応します」というステッカーを新聞広告でばらまく ・必要でない工事を行い工事代を請求する
・工事の当日に値段の話を一切せずに工事をして帰り、後日請求を行う
・水漏れ工事を頼んだのに便器まで交換し、200万の請求を行う
★排水点検 [03.3]
 「排水の点検に来ました」と、とにかくズカズカと家に上がってくる ・排水溝に取り付ける器具の押し売り
・親切そうに手入れの話をするが、要らないと言ったら逃げるように出ていく
・後日連絡すると言っても逃げていく

賃貸物件

★事例1: [99.12]
 「振込口座が変わりました」という文書をポストに入れる ・家主が変わった等の理由で振込口座を変更させて、その金銭をだまし取る(取込詐欺)
★事例2: [99.12]
 「使用料の請求」を送りつける ・電話会社や電力会社などの名前をかたって、不正なサービス料を請求する(騙り)
★事例3: [08.8]
鍵の貸与契約 ・賃貸契約ではなく、鍵の使用権を貸すという契約を結び、家賃の滞納が1日でもあると鍵を交換してしまう。
・業者は居住のための賃貸契約でないと主張したが、事実上の賃貸契約としてみなされる。
・鍵の交換費用を請求していたが、これが違反金としての利息の上限を超えるとして、返却されることになった。

その他

★換気扇フィルター [03.3]
 換気扇に取り付ける油や埃を取るフィルターの訪問販売 ・マンションを回って売り歩く
・勝手に取り付けて、勝手に商品を置いて行こうとする
・通常の2倍以上の値段で販売している
★玄関ステッカー [03.3]
 偽物のステッカーを売って歩く

・「安全協会」などを騙り、社会福祉活動を装って近づいてくる
・社会福祉のためのステッカーを貼らして欲しいと言ってくる
・しぶると、近所でも貼ってもらったからと強引に貼ってしまうことがある
・ステッカーを貼った後、その場で少額を請求するため、断りにくい


戻る

湖南市菩提寺 不動産|株式会社西日本地所